トーシンパートナーズでサポートしてもらう~ファイナンスガイド~

手

大規模な太陽光発電

スーツ

太陽光発電と今後

メガソーラーは、発電量が1000キロワットを超える大規模な太陽光発電である。近年では、自然エネルギーを活用した発電に注目が高まっており、メガソーラーを行うケースが増えている。メガソーラーでは、大規模な土地と発電設備が必要となるため、主に企業などが取り組む発電方法になっている。特に、工場などを運営する場合、大きな電力が必要になるが、近年では電気代の高騰などにより経営を圧迫しているケースもある。そのような対策として、自社で発電するケースが増えており、その1つがメガソーラーの活用である。メガソーラーでは、自社での電気利用以外にも、余った電力を売却し売電収入が得られるなど、コスト削減と収益を上げる方法として活用が広がっている。メガソーラーを個人で設置することもあるが、その時にはどのメーカーのメガソーラーを利用するのかしっかりと検討したほうが良いだろう。個人での投資は回収を行なうのが、企業に比べ難しいこともあるからだ。

利用における注意点

メガソーラーでは、大規模な発電設備を設置し発電することになる。太陽光を利用した発電になるため、日当たりの良さや日照時間が重要な要素になる。その為、これらの設備を設置する場合には、設置場所の日照条件について十分に確認した上で利用することが重要になる。また、保守費などの維持費が多くかかるということもある。メガソーラーでは、広大な土地に大規模な発電設備を設置して発電するため、その維持保守も大きな労力やコストが必要になる。その為、それらのコストを見越したうえで投資を行わないと、収益を上げられない可能性が高くなるため、事前の見積りが重要な要素にもなる。